ひばりが丘教会の沿革と組

 

沿 革

 

   1962年(昭和37年)4月、日本基督教団桜台教会ひばりが丘伝道所として、保谷市下保谷に山田稔伝道師によって開設される。西武池袋線、ひばりが丘駅北の2部屋の小家屋での、会員8名の開拓伝道から始まった。

   1964年には「ひばりが丘教会」と名称を改めた。その後2度にわたる借家時代を経て、1968年現在地に鉄骨プレハブの会堂兼牧師館を建て、隣接地を所得して、1979年に牧師館が建設された。

 

 伝道所開設間もなく日曜学校(現教会学校)が始まり、幼稚科、小学科、中高科を置き、婦人会もできて、バザー、音楽会、講演会など活発に活動を行い、新会堂建設に向けては大いなる原動力になった。

 青年会も活発に活動を行い、特に80年代には他教会の青年達と交流を深めた。

 

 新会堂の献堂を機に、与えられた新会堂を地域の宣教に積極的に役立てようという機運が深まった。
 具体的には「クリスマスの集い」「コンサート」等を開いて近隣の方をお招きし、また、近隣の5つの障害者福祉施設の賛助会員となり、バザーでは共に交流の時を持つようになった。

組   織

 

婦人会

 現在、会員は69名です。毎月1回の「聖書の学び」と、親睦のための例会を持っています。時には壮年会との合同の集まり等、年齢層も幅広く、30代から90代。子育て中の人、仕事を持っている人、それぞれの生活を大事にしながら、無理のない楽しい交わりの場を持っています。

 

 

 

部   会

 

 1997年度より教会活動に部会・委員会制度を取り入れ、色々な分野での奉仕を通して共に楽しく教会生活を行うようにしています。 以下のような部会・委員会があります。

 

礼拝部会

 聖日礼拝および特別礼拝の準備や後片付けのご奉仕をしています。また、礼拝後の祈り会も担当しています。

 

教育部会

 教育部の活動分野は現在下記のようになっています。

  1.教会学校(教会学校の項参照)

  2.研修会:テーマを決めての学びと話し合いの会で外部から講師をお招きする事もあります。

  3.修養会:隔年に実施予定。教会外に一泊しての交わりとリフレッシュが主なる会。

  4.ひばり文庫:献本により現在約500冊の図書があり自由に利用して頂けます。

  5.読書会:これまでに取り上げた本は「キリスト教の歴史」・「日本キリスト教史・死とどう向き合うか」・

       「新約聖書 の周辺世界」・「続旧約聖書のこころ」の5冊です。

    6.教会ホームページの管理

 

伝道部会

 ひばりが丘教会は「地域に開かれた教会」を旗印に歩んで来ました。具体的には地域の方々に働きかける、特に5つの福祉施設を支援することを続けてきています。秋のバザーには施設コーナーを設け、施設との良き交わりが教会全体に広がってきています。施設からの便りを紹介する掲示ボードが教会内に掲げられています。

 また、障害も持つ方々をより以上理解する教会内での働きかけも伝道部会の担当です。その他クリスマス、演奏会、家庭集会、諸集会を通じて地域の新しい方々を教会へ呼ぶための働きかけを続けていきたいと願っています。

 

愛隣部会

 私たちは教会が愛に満ちた楽しい場所になるようにお手伝いしています。礼拝後のお茶の用意、イースター、 クリスマス、敬老祝会等の愛餐会(食事会)の準備をしています。

 また、長期欠席者への週報や月報等を毎月送っ ています。お病気の方にはお見舞いカードを送り、時には訪問もします。使用済み切手を集め、海外医療協力 会へ送って、喜ばれています。

 

設備部会

 教会堂および牧師館の保全・管理、教会の備品・消耗品の点検・補充などについて主にご奉仕しています。照明、音響設備や冷暖房器具の管理は礼拝や集会に欠かせない大事な仕事ですし、大掃除、防災管理、資料の整理などにも皆さんと共にご奉仕しています。

 

 その他の委員会としては「クリスマス委員会」「イースター委員会」「バザー委員会陽葉里編集委員会」が、また(時々の課題に応じた委員会)があり、行事の企画、準備や教会報誌、にご奉仕しています。